当機構は、地方公共団体の委託を受けて公共賃貸住宅の火災による損害の相互救済事業等を行う公益社団法人です。

当機構は、昭和25年、地方自治法に基づき「住宅に特化した火災共済団体」として設立されました。以来、47都道府県の皆様に加え、多くの市町村の皆様にも会員になっていただくとともに、火災共済の運営に加え、会員の皆様の防火対策の支援や自然災害からの復旧の支援に取り組むなど、公共賃貸住宅の適切な維持管理のサポートに努めてまいりました。

70周年を機に、一層の制度の充実、サービスの向上に努め、地方公共団体の相互救済事業の拠点として実を挙げていくよう、今後ともその役割を果たしてまいります。